まりん
DELF A2取得後、フランスに語学留学をしてC1レベルを修了した、まりんです。

完全独学でフランス語を勉強している人、レッスンを受けている人、フランス学習の仕方は人によって様々ですよね。

ただ、『フランス語を上達させたいけど、できればお金をかけずに勉強をしたい』という方が大半だと思います。

私は語学学校に通って参考書も購入しつつ勉強しているのですが、無料のサイトもバンバン使用しています。

そこで今回は、私がDELF B1合格レベルになるまでに実際に使用して役に立った無料のサイトを紹介します。(追記:2019年6月DELF B2取得、2020年12月C1レベル修了)

サイト・アプリ8選

● Apprendre le Français

こんな人にオススメ
フランス語を少しでも勉強したことがある初心者
リスニングに慣れていない
会話表現を学びたい
文法を集中的に学びたい

音声付きでやさしい内容のダイアログが豊富なため、リスニングに慣れていないフランス語初心者にとって最適なサイトです。ダイアログを聴いた後、問題を解くこともできます。

また、初級からDELF B2レベルまでの文法を、問題演習付き&音声付きで学ぶことができます。

日本語での説明がないため、全くフランス語を勉強したことがない人にはやりづらいかもしれません。

Apprendre le Français

● 東京外国語大学言語モジュール

こんな人にオススメ
フランス語を勉強したことがない
日本語での詳しい説明が欲しい

発音、会話、文法、語彙を日本語の説明で学ぶことができます。

文法を解説しているぺージが細かく分かれているので、ページクリック数が多くなります。

私は上記のApprendre le Françaisをメインで使用しつつ、どうしてもフランス語の説明で理解できなかったところをこちらのサイトで確認するようにしていました。

東京外国語大学言語モジュール

● TV5 MONDE

こんな人にオススメ
DELFを受験する予定
問題演習も含めてリスニングを徹底的にやりたい

フランス語で放送されている国際テレビネットワークで、フランス現地の語学学校の先生もオススメするほどのサイトです。

DELF A1からB2までレベルが分かれており、映像を観ながら数多くの問題を解くことができます。 DELFのレベルによって映像の長さや、問題の難易度が変わります。

ナレーターがきれいな発音で話しているときもあれば、独特のアクセントを持つインタビュアーが話しているときもあります。

A1~B2で同じ動画を使用している場合があり、初級者にとっては実際のDELFのレベルよりも難易度が高く感じます。

私はDELF A2を合格した後から、このサイトが使いやすいと感じました。
難解な表現やあまり見慣れない単語も出てくるので、全ての単語・表現を覚えようとしないほうが学習を続けやすいです。

TV5 MONDE (Apprendre le Français)

● 1 jour 1 question

こんな人にオススメ
仏検3級、DELF A2 を目指す程度のレベルがある
息抜き程度に楽しみながらリスニングをやりたい

france・tvが運営する、フランスの子供向けの番組です。

『どうして科学を勉強する女の子は少ないの?』『電気はどこから来るの?』など、子供が抱くような疑問をかわいいイラスト動画で答えている番組です。

1,2分程の短い動画かつ、長く複雑な文章で説明することが少ないので聴きやすいです。1日1つ、新しい動画がアップロードされます。

動画視聴中に字幕を付けることができません。

1 jour 1 question

● Hello Talk

こんな人にオススメ
ネイティブとメッセージのやり取りをしてみたい
ライティングスキルを伸ばしたい
SNSが好き


学習したい言語のネイティブスピーカーと簡単に繋がることができる、言語交換
アプリです。
イメージしやすく言うと、TwitterとLINEを言語学習に特化してミックスしたのようなものです。

自分が学びたい言語(フランス語)を設定すると、日本語を学んでいるフランス人のモーメント(ツイート)を見ることができます。

逆に、自分がモーメントを投稿したら、日本語を学んでいる複数のフランス語ネイティブがその投稿を見ます。
自分がフランス語で投稿した文章に誤りがあれば、ネイティブがその文章を直してくれます。

個人にメッセージを送ってチャットのやり取り、電話での会話も可能です。

私は、フランス語で書いた文章の添削をネイティブの方々にお願いしていました。

初心者にとっては、電話を介してフランス語でネイティブと話すのはハードルが高いです。ネイティブといってもプロの先生ではなく、相手も言語を学びたい立場なので、的確にフランス語を教えてくれるとは限りません。

Hello Talk

● Glosbe

フランス語⇒日本語、日本語⇒フランス語の両方を調べることができ、ボタン1つで簡単に切り替えができる辞書です。

発音が確認できないもの、調べても意味が出てこないものがあります。

私はスマホで単語を調べる時に使用しています。

Glosbe

● Reverso Traduction

単語はもちろん、文章も翻訳してくれるサイトです。音声付きで、文章の発音を確認することもできるので大変優秀です。

フランス語⇒日本語、日本語⇒フランス語の両方の翻訳を、ボタン1つで簡単に切り替えて調べることができます。

フランス語⇔英語の翻訳のほうが文章の翻訳の精度は高くなるので、英語ができる方は英語翻訳をオススメします。

Reverso Traduction

● Conjugaison français

動詞の活用を調べられるアプリになります。

調べたい動詞の原形を入力して検索すると、一度に全ての活用形を音声付きで確認することができます。

更に、動詞をお気に入り登録することができるので、よく使う動詞の活用を後で確認しやすいです。

動詞活用アプリを他にもダウンロードして比較してみましたが、上記のメリットから個人的にはこちらのアプリが一番使いやすかったです。

Conjugaison française

 

無料サイトで学習するメリット

お金がかからない
ネットさえあれば、いつでもどこでも学習ができる
どんどん学習教材が追加される

外出先でスマホやPCを使って気軽に勉強ができ、重たい参考書や問題集を持ち歩かなくてもいいのは楽ですよね。

また、特にリスニングのコンテンツは日々新しいものが追加されるので、幅広いテーマから興味のあるものを選んで勉強することができます。

 

無料サイトで学習するデメリット

お金を払っていないことで、だらけてしまう可能性がある
理解できないところを質問することができない
会話を上達させることが難しい

一方お金をかけない場合は、勉強しなくても特に損はしていないので、気持ち的にサボりやすくなるので注意です。

また、会話を練習する機会がない(※)ので、『読み書きはできるけど話せない』という日本人が陥りやすいパターンになりやすいことが一番のデメリットです。

(※)既にある程度話せる方はHello Talkでネイティブと電話して会話を楽しむことができると思いますが、話すことに苦手意識を持つ学習初心者とって、Hello Talkでネイティブとフランス語で電話することは相当勇気がいると思います。

 

到達したい目標に合わせて勉強の仕方を選ぶべき

無料でできるものはとことん活用し、『有料教材のほうが学習しやすい』もしくは『無料の教材では限界がある』と感じたときには、学習にお金をかけたほうがいいです。

理由は、学習の目標によって無料教材でどこまで満足できるのかが異なってくるからです。

『ビジネスレベルまで到達したい』、『趣味として楽しんで勉強できればいい』では全然違ってきますよね。

私の場合、『参考書にマークを付けながら勉強したい』、『試験対策は紙を使ったほうがやりやすい』などの理由でいくつか参考書を購入していますし、日本国内での学習には下記の理由でフランス語会話教室に通っていました。

フランス語を学習する目的
フランス語を仕事で活かせるようビジネスレベルに到達したい
フランス語ネイティブに混ざっても臆せずに会話を楽しめるようになりたい
DELFを受けて、努力の結果を目に見える形で残したい
フランス語会話教室に通うメリット
相手が先生のため、ミスを気にせずに話す練習ができる
わからないところや、疑問を聞くことができる
間違いを直してくれる
独学よりも、人に間違いを指摘されたほうが記憶に残りやすい
DELFの対策がしやすい(特に面接練習が助かる)
文法事項は事前に自宅で学習し、十分に理解できていなかったところを学校で洗い出して復習するというやり方をしていました。

学校に通い始めることを検討したきっかけは、会話力を身につけたいと強く思っていたものの、無料のサイトだけで会話力を上げることに限界を感じたためでした。

上記のメリットを受けて結果的に、独学で学習するよりも、会話力だけでなく総合的に力が上がっていくのを実感しました。

読者の方も、現在の勉強法に限界を感じていたら新しい勉強法を取り入れてみてください。
ちなみに、私が上記で紹介したサイトと併行して使用し役に立った5つの参考書を下記で紹介しています。

フランス生活の様子を日々発信中