こんにちは。まりんです。

これから留学・ワーホリで海外に行く方の中には、現在使用しているスマホをどうするべきか心配されている方もいるかと思います。

事前準備・海外生活には何かとお金がかかるもの…。

出発前に少しでも多く貯金し、現地での支出を少しでも抑えたいですよね。

 

留学前の1年間で200万円を貯めた私がみなさんにもオススメしたいのは、『留学前にスマホを格安SIMにし、SIMフリー端末を使用する』ということです。

海外滞在中、現在使用している電話番号を解約する・しないに関わらず、格安SIMにしておくことで間違いなく毎月の通信費の支出を大幅に減らすことができるからです。

 

実際に私が大手キャリアと契約しているときは通信費を毎月約1万円支払っていましたが、ワイモバイルに乗り換えたら月々の支払が2,000円程になり、毎月の通信費を約8,000円も抑えることができました。
1年で約10万円の節約です。

 

読者
海外滞在中でも、日本の電話番号は残しておきたい。
けど、全く使わないのに高い使用料を払い続けるのは嫌だし、番号を残すべきかどうか悩むな。

という場合でも、ワイモバイルなら月々の支払いが安いので、海外にいても現在使用している電話番号を残しやすいです。

ワイモバイルをオススメする理由

私自身、ネットや本、店舗に出向いて話を聞きに行くなどの情報収集をしたうえで、数ある会社を比較しその中からワイモバイルを選びました。

ワイモバイルを選んだ理由
大手キャリアと同じ回線網を使用しているので、通信速度が速い
1回10分以内であれば、国内通話無料
SIMフリー端末とSIMカードをセットで安く購入できる

 

一般的に、格安SIMにすることのデメリットとして、『大手キャリアよりも通信速度が遅くなる』ことが挙げられます。
しかし、ワイモバイルはソフトバンクグループ直営のキャリアになるので、通信速度は他の大手キャリアと変わらない安心の速さです。
格安SIMにして使い勝手が悪くなることを最初は私も不安に思っていましたが、実際に使用してみると何も不便を感じませんでした。

 

他のキャリアでは、データSIMを格安で提供していても電話の機能をつけたら費用が高くなるパターンをよく見かけました。
普段電話をあまりしなくても、なにかと電話番号が必要になる場面はあります。(サイトへのアカウントの登録と確認、飲食店への予約電話など)
普段電話をしない人にとって、ワイモバイルの1回10分の無料の範囲でほとんど事足りるかと思います。

 

SIMフリー端末であれば、海外に行ったときに現地でSIMカードを購入してSIMを差し替えるだけで日本から持参したスマホを使うことができます。
SIMフリー端末でないスマホを現在お使いしている場合、海外で新しくスマホを購入しなければなりません。
海外では日本よりも端末が高く販売されていたり、割引情報がわかりにくかったりと、端末を高く購入することになるリスクが発生してしまいます。

そのため、キャンペーン情報がわかりやすい日本でSIMフリー端末を購入したほうがいいでしょう。

ワイモバイルなら豊富な種類のSIMフリー端末をSIMカードとセットで安く提供しています。

デメリットと注意点

2年間の契約期間内に解約をすると、スマホプランの契約解除料10,260円(税込)と、端末を購入した場合には追加で最大20,000円(税込)の契約解除料が発生します。(契約残存月数によって金額は低くなる)

 

ただ、上記で述べた通り、大手キャリアから格安SIMに乗り換えれば1年間で約10万円ほど節約できますし、SIMフリー端末を持っておけば海外で新しい端末を購入する必要がなくなります。

そのため契約途中で海外に出発して契約解除料を払うことになっても、収支はむしろプラスにすることができます。

支払い金額を少しでも減らしたい人は、早めに格安SIMに乗り換える検討をしたほうがいいでしょう。

各プランの月額基本使用料の目安

キャンペーンのおかげで、一番安く利用できる期間では次の月額料金で回線を利用することができます。(2019年7月25日現在)

基本使用料の目安
月に3GBまでの利用   ⇒ 1,980円/月
月に9GBまでの利用   ⇒ 2,980円/月
月に21GBまでの利用 ⇒ 4,980円/月

詳しくは【Y!mobile】公式HPのこちらのページで確認することができます。

最適なプランを選ぶには、現在ご自身が毎月何GB使用しているのかを確認しましょう。

 

また、ワイモバイルの更なるメリットとして、ワイモバイルから購入した端末からであれば、ソフトバンクが運営するWi-Fiスポットを無料で利用できることが挙げられます。

あの有名な犬のお父さんの絵が描かれたステッカーや、BBモバイルポイントと書かれたステッカー、街のいたるところでよく見かけますよね。

そのステッカーが貼られた主要なカフェやレストラン、JR主要駅、コンビニ、サービスエリアなどで無料のWi-Fiを使うことができます。

したがって、Wi-Fiスポットを駆使することで、今までご自身が使用していた毎月のGB数よりも少ないGB数の契約で事足りる可能性があります。

月々の支払いをなるべく抑えるためには、こういったポイントも押さえておくべきです。

個人の状況に合わせた簡単な料金シュミレーション

読者
なんだか格安SIMにしたら節約できそう!
けど詳しい話をお店に聞きに行く時間はないし、面倒くさいな。
と思った方には、オンラインストアで料金のシュミレーションをしてみることをオススメします。

割引・キャンペーンが反映された「SIMカードのみ」、「SIMカードとSIMフリー端末」の詳細な購入時の金額と月額料金を金額を知ることができます。

 

※大手キャリアからワイモバイルに乗り換える場合、シュミレーション時の契約方法の選択項目は「のりかえ」になります。

海外出発前にワイモバイルにしておきたい理由まとめ

押さえておきたいポイント
海外出発前)月々の通信費を抑えつつも、快適な利用環境
海外滞在中)安価な支払で日本の電話番号を保持できる
海外でも使用できるSIMフリー端末を購入することで、現地での無駄な出費を減らせる

海外滞在中、日本の回線を全く使用しないにも関わらず、毎月高額な使用料を支払い続けるのはもったいないですよね。

更に、今のお手持ちのスマホがSIMフリーでなく、現地で新しくスマホを購入しなければいけない場合はもっと最悪です。

お金を無駄にしないために留学前に、格安SIM、SIMフリースマホに変えておくことを本当にオススメします。

フランス生活の様子を日々発信中