こんにちは。まりんです。

レンヌ第二大学付属語学学校CIREFEに現在通っているのですが、2018/10/9に学校内で学生デモが発生しました。

デモの様子と、デモ発生時の対応について述べていきます。

デモは事前に告知してくれるのか

デモが発生する日程はレンヌ第二大学のHPに掲載されていたり、事前に先生からお知らせをしてくれます。

ただし、デモの日に授業が行われるのか、中止になるのかは当日学校に行ってみないとわかりません。

事前告知を受けたうえで、いつも通りに学校に行きましょう。

デモ当日の様子

ブロックしている学生達

いくつかの建物の入り口の前に、学校をブロックしている学生たちがいます。
ほとんど全員がパーカー等のフードを深くかぶり、バンダナ等で口元を隠していました。

「俺たちは働かない~♪」と歌っている学生がいたりと、通常では見られない光景でした。

 

また、ブロックしている学生がいない入口でもテープが貼られていたり、テーブルやイスが置かれて建物の中に入れないようになっていました。

一般の学生&教師達

 

写真は朝8時30分の様子です。建物がロックされているので、みんな建物の前で待機しています。

中には、台車・ポット・紙コップ・コーヒーを持参して知り合い同士でコーヒーを飲みながら待機している学校職員の方もいました。

余裕かよ。

 

1限目は8時30分からですが、この日は8時45分になって建物に入れるようになりました。開けても平気だと鍵の係の人が判断したようです。

 

なんだかんだで9時から授業が普通にスタートしたのでその後は何も起こらないかと思っていたのですが、2限目が始める頃にはまたドアの鍵がかかって部屋に入れない状況に。

担任の先生も開けることができず、再度鍵の係の人が来てドアを開けてくれるまで待機しました。

デモ当日の対応方法

■とりあえずいつも通り学校に行く

■ブロックされていても、周囲の様子を見ながら気長に待機する

■昼食を持参する

デモの当日、学校のカフェテリアはオープンしていなかったです。

普通に授業開講したのに、昼食がない!なんてことになると辛いのでお昼ご飯は何か持参しましょう。

フランス生活の様子を日々発信中