まりん
2020年の年越しをパリのディズニーランドで過ごし、元旦にウォルトディズニースタジオに行ってきました!

パリのディズニーで年越ししてみたいけど行く価値ある?
混んでて楽しめないかな?
そもそも入場に抽選があるのかな?

という方向けに、私の体験談をまじえながらディズニーランドパリの様子を紹介していきます。

結論からいうと、パリのディズニーのカウントダウンイベントの入場に抽選は無く、事前に予約をすれば誰でも入場できます。更に、全然アトラクションに乗れないという混雑ではありません。具体的には「ファントム・マナー」というパリ版のホーンテッドマンションが5分待ちであるくらいでした。

本記事では、ディスニーランドパリカウントダウンの魅力や混雑状況を紹介しています。

更に、割引価格のチケットを日本語で簡単に予約できるお得な方法も案内しています。

ディズニーランドパリカウントダウンの魅力

1. 花火

新年を祝うため0時よりオーロラ姫のお城で花火が打ちあがります。

音楽とともに各キャラクターをモチーフにしたプロジェクションマッピングが次々と行われます。
ディズニーキャラクターのみではなく、スパイダーマンなどのマーベルのキャラクターもモチーフに使われています。

音楽とダイナミックな光の演出がとても迫力満点で惹きつけられます。

2. パレード

新年の特別なパレードが開催されます。

この日にしか観れないパレードですし、日本とは異なった演出が観られるのでパレード好きな方は特に必見です。

3. ダンスパーティ

普段のディズニーランドでは考えられないような、ディスコのような雰囲気をこの日は特別に味わえます。そしてこの付近ではお酒が販売されております。

次々に変わる曲にあわせてキャラクターがステージで踊ったりと、普段クラブに行かない人でも楽しめます。

ディズニーランドパリ年越しの混雑状況

入場とカウントダウン

ニューイヤーズ・イブ・パーティーのイベント開始は20時からとなりますが、大晦日の17時~元旦2時まで園内に滞在できます。

18時のショーが終わると日中滞在のチケットを購入している方が続々退園するので、一気に人が少なくなります。

オーロラ城でショーを行うときは人が集まりますが、何時間も前から場所取りをしなくてもお城からそれほど遠くない場所で楽しめます。
上記の写真は年越しのカウントダウンが始まる15分前に着いた場所から撮影した写真です。

アトラクションの待ち時間一例

何時待ち時間アトラクション名
19時台25分スター・ツアーズ
20時台5分ファントムマナー
カリブの海賊
21時台35分バズライトイヤー
ピーターパン
22時台5分ピノキオ、白雪姫
(2019/12/31実績)
タイミングによってはピーターパンが50分待ちになったりと、もっと長い時間待つものもありましたが、うまくタイミングを見計らえばサクサクとアトラクションに乗れます。
私は0時のカウントダウンが終わってすぐ退園しましたが、同様の方が多かったのでカウントダウンの後は更にアトラクションは空いているはずです。

パリディズニーは前売りチケットがお得!

特別割引でチケットを手に入れるならVoyaginで購入されることをオススメします。
Voyaginは楽天グループという安定した基盤の中、豊富なアクティビティを提供しており、オフィシャルパートナーとしてディズニーと提携しています。

特別価格で日本語で簡単に予約ができますし、事前購入できれば安心して当日はディズニーに向かうことができますよね。

2020年~2021年のディズニーランド・パリ年越しカウントダウンチケットは現在まだ販売されておりませんが、前年の販売状況をリンクから確認できます。(定価の15%OFF)

通常のディズニーのチケットでも、Voyaginを通じて定価の20%割引という破格なお値段で購入できます。

Voyaginで購入するメリット
定価の20%OFFでチケットを購入可能
Eチケットを印刷して並ばずに楽々入場可能
予約完了日から有効期限以内ならいつでも訪問可能

まとめ:フランスでの年越しはディズニーがおすすめ!

それ程混雑していないので十分にアトラクションに乗れますし、ディズニーで年末のスペシャル感を味わうのは最高です!

ただし、年越しのチケットでは日中の明るい時間のパークを観れない点に注意です。

夜のイルミネーションが特にきれいですが、日中のパークも満喫したいという場合は「大晦日の日中のチケット+夜のチケット」もしくは「大晦日の夜のチケット+翌日のチケット」の購入をおすすめします。

隣接するウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク

ディズニーランドパリには、「ウォルト・ディズニー・スタジオ」という映画をテーマにしたパークが隣接しています。
ここにしかない「レミーのおいしいレストラン」のアトラクションや、映画製作の裏側などを観て楽しめます。

2020年1月1日にウォルト・ディズニー・スタジオに行き、園内の雰囲気やアトラクションを画像付きで下記記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

フランス生活の様子を日々発信中