こんにちは。まりんです。

レンヌ第二大学付属語学学校(Université Rennes 2 CIREFE)の入学前のレベル分けテストを受けてきました。

テスト内容や雰囲気はどんな感じだったか説明していきます。

受験場所と日程

Dの建物の中で行われました。各自どこの教室で受けるのかは事前にメールで案内されます。

2018/9/17から前期の授業スタートですが、このクラス分けテストは2018/8/31に行われ、集合は9時でした。

集合からテストまでの流れとテスト内容

先生が来るまで生徒たちは教室の前で待機。9時集合にも関わらず教室に入れたのは9時10分くらい。さすがフランス。

13人くらいの受験者が1つの教室に入り、自分の名前が記入された学校登録申込書を受け取りました。学校登録申込書は後で記入して、学校登録申請日に提出が必要とのこと。

 

先生は優しいおばちゃんという感じで、フランス語をほとんど理解できない初心者にも気にかけてあげて丁寧に対応をしていました。

先生
(ゆっくりとしたフランス語で)緊張してる?安心してね~。このテストで不合格ということはないからね~。今の説明でわからなかったところはある?後で英語で説明するからね~。

 

その後テストの解き方の説明があり、イントロダクションは約30分くらいで終了しました。

テストは3パートに分かれており、全て作文問題でした。

■パート1■
写真の状況を説明しなさい。(70word程度)
⇒青年とおばあちゃんが車の中で座って笑いあっている写真でした。ただし、たまにミスで受験者によって写真が異なっている場合があるそうで「なんで違う写真の問題が混ざっているのか先生もわかんない」といってました。さすがフランス。適当かよ。
■パート2■

パート1の写真の2人の会話を想像して書きなさい。(150word程度)
⇒青年「あなたにサプライズがあるんだ!」という言葉が既に回答用紙に記入されていたのでその後の流れをどんどん書いていきました。

■パート3■

2つのテーマからいずれかひとつを選択し、討論を意識した形で意見を述べなさい。
⇒①他言語を学ぶことは、人の性格を変えると思うか。
②スマートフォン無しで生活することはできるか。
特に文字制限はなかったため、自由に述べていきました。

驚いたこと

■学校に通うことのできない日程を考慮してくれる。
テストの表紙に、自分が授業に出られない日程を記入する欄がありました。
子供のお世話や、遠くに住んでいて朝早く授業にでられないなどを考慮してくれるみたいです。
子供を持ちながらも学校に通うことができる仕組みがあるって素晴らしい!ってちょっと感動。

■フランス語が全くできない初心者はテストを白紙で書いて退出してもいい。
3名くらい、すぐに退出していきました。
レンヌ第二大学は全くの初心者だと入学許可が下りないって聞いていたけど嘘だったか?初心者でもフランスに行ったもん勝ちかも。

■テストの制限時間を超えても問題を解くことができる。
制限時間は40分のはずだったのに、「時間を過ぎても解き終わってない人は解き続けていいよ~」との指示がありました。さすがフランス。時間を守らない。

 

テストはゆるい感じに終わったので、今後受けに行く人は緊張せずに受けに行ってください。

 

2019年11月追記:
CIREFEのB1⇒B2⇒C1と、3学期通ったうえでのCIREFEの魅力を下記記事で詳しく紹介しています。

CIREFEに登録するためには

留学希望者

・レンヌの留学に興味を持った!

・学校に登録するにはどうすればいい?

自分で直接学校に連絡をするか、留学エージェントを通して学校に登録の依頼をすることができます。

どこの留学エージェントを通してもCIREFEに登録できるわけではなく、CIREFEへの申し込みを取り扱っているエージェントに依頼する必要があります。

留学総合サイトのスクールウィズなら、無料の個別面談を通じてCIREFEへの申し込みを依頼することができます。

フランス生活の様子を日々発信中