こんにちは。まりんです。

「アポスティーユって何?戸籍抄本の法定翻訳っていつ必要なの?」と疑問に思いながら準備を進めていたので、ここでご紹介します。

アポスティーユ(Apostille)とは?

「外国公文書の認証を不要とする条約(略称:認証不要条約)」(1961年10月5日のハーグ条約)に基づく付箋(=アポスティーユ)による外務省の証明のことです。提出先国はハーグ条約締約国のみです。アポスティーユを取得すると日本にある大使館・(総)領事館の領事認証があるものと同等のものとして、提出先国で使用することができます。
(外務省HP引用)
これを読んで、「ふーん、なるほどね(*‘ω‘ *) ←全然わかってない」となってしまった私。

 

簡単に言うと、「日本で発行されたこの戸籍抄本や成績証明書は正式なところで発行された文章ですよー」って外務省が証明してくれるので、海外にも通用する書類となるということです。
海外といってもハーグ条約締約国のみですが、フランスは締約国。

何のために必要?

主にフランスに到着後の手続きに必要となります。

 

★セキュリティソシアル加入時
★CAF(住宅補助手当)申請時
・登録した学校への仮登録、または本登録時

 

全ての書類に法定翻訳が必要というわけではないですが、特に★マークの手続きにはアポスティーユ付きの戸籍抄本の法定翻訳が求められることが多いそうです。

どこで入手できる?申請から取得までの日数は?手数料は?

東京と大阪の2箇所の外務省があるので、いずれか一方に窓口申請もしくは郵便申請をします。
①東京住所:東京都千代田区霞が関2丁目2-1
②大阪住所:大阪府大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第4号館4階
ただ方法によって、受け取りまでの日数が異なってきます。
(1)窓口で申請して、後日、窓口で受け取る(申請日の翌日(土日祝を除く)午前9時から受け取れます)。
(2)窓口で申請して、後日、郵便で受け取る(申請日の約2~3日後(土日祝を除く)に受け取れます)。
(3)郵便で申請して、後日、郵便で受け取る(申請(発送)から受領までは約10日~2週間です)。
(外務省HP引用)

私は(2)を選びました。窓口申請の時、ならんでる人もいなかったので5分程度で申請は終わりました。

申請自体は無料なので、費用は郵送を選んだ場合に郵送費がかかるくらいです。

なんで出発前にアポスティーユと法定翻訳の準備が必要?


フランスでアポスティーユ取得できないの?

アポスティーユは日本にある外務省にしか申請できません。

フランスにいてアポスティーユを取得するには、日本にいる家族の協力を得て外務省に申請してもらい、この後国際郵送してもらってやっと入手…となります。

国際郵送費高いし、時間もかかる。だから出発前にアポスティーユの取得はしておきましょう。

フランスで法定翻訳できないの?

在フランス日本国大使館・在マルセイユ総領事館・在ストラスブール総領事館・在リヨン領事事務所の4箇所で法定翻訳はできます。

翻訳料はフランスで頼んだほうが安いみたいです。
例えば戸籍抄本は、在フランス日本国大使館なら10€。
日本にある翻訳会社で行うと1枚4000~5000円。同じものを追加作成するなら1枚ごとに500円。

金額のメリットはあるものの、在フランス大使館で申請することのデメリットが2つ。
1.各管轄地域の管轄公館でしか申請ができない
2.証明書の受領は来館のみ

私はレンヌに住む予定なので、パリの在フランス日本国大使館まで行くのは大変&交通費結構かかるなぁと思い、日本で翻訳を依頼しました。

フランスの各管轄公館の近くに住む予定の人は、むしろフランスで翻訳を依頼してもいいかもしれません。ただし、戸籍抄本の原本だけは必要な分用意しておきましょう。

まとめ

■アポスティーユ
全員出発前に日本の外務省で取得しましょう。

■フランス現地での翻訳
自分が該当する管轄公館を確認して、日本とフランスどちらで翻訳を依頼したほうがいいか選びましょう。

順番としては、アポスティーユを取得してから法定翻訳を依頼します。

 

 

フランス現地で会話をするときの助けになった、留学前にやって役に立った参考書を下記で紹介しています。

フランス生活の様子を日々発信中