こんにちは。まりんです。

みなさんは「語学力を上げるには外国人と付き合うのが一番の近道」といわれるのを聞いたことはないでしょうか。

私はフランス人の彼と交際を始めて約2年になるのですが、それ以前はその言葉を信じていました。
(※語学力上達のために彼と付き合い始めたわけではないです。)

 

しかし、私の実体験と、私の周囲で国際恋愛をしている人の話を聞いた限り、『外国人と付き合うことで語学力を上げるいくつかのメリットはあるものの、絶対に上達への一番の近道であるとは言えない!』という結論に至りました。

なぜ語学力をあげるのに一番の近道ではないのか

1.二人が会話で使用する言語が相手の母国語とは限らない

国際恋愛では、2人の会話でメインに使用する言語のパターンはいくつかあります。

①自分の母国語で話す
②相手の母国語で話す
③両者ともに母国語ではない言語で話す

以下、自分が日本人・恋人がフランス人だと仮定して話を続けます。

①自分の母国語で会話する
■自分のフランス語のレベル <<< 恋人の日本語のレベル
というように、明らかに恋人の語学レベルが勝っている場合、会話で使う言語は日本語に偏りがちです。
なぜなら、お互い楽に意思疎通できるからです。(話のバリエーションが増える、うまく伝えられなくてイライラすることが少なくなる)
この場合、恋人の母国語を使う機会が圧倒的に減る、もしくは全く無くなるので語学力を上げやすい環境だとはいえません。

 

②恋人の母国語で会話する

■自分のフランス語のレベル >>> 恋人の日本語のレベル

という場合やフランス語でしか意思疎通の手段がない場合は、フランス語を使う機会が増えるので日常会話は上達します。

ただ、これで自然にペラペラになるわけではない理由は、下記の2,3項目で説明します。

 

③両者ともに母国語ではない言語で会話する

日本語でもフランス語でも話すわけではなく、会話の言語は英語ということもありえます。

英語の日常会話は上達するでしょうが、恋人の母国語の言語が上達するわけではありません。

このパターンに当てはまる私の友人は『英語で問題なく意思疎通できるし、わざわざ苦労して新しい言語を学ぶ必要がない』と述べてました。

2.会話のシチュエーションが限定される

上記で述べた②恋人の母国語で会話する場合、ある程度の日常会話の範囲でなら語学の上達が見込めると思います。

しかし、日常会話で必要としない能力を伸ばしたい場合は、きちんと学習する必要があります。

例えば、ビジネスで使う言葉を知らなくても恋人とはコミュニケーションが取れるのでビジネス用語を覚える機会は無いです。

ビジネスで使える能力を身につけたい場合は、学校できちんと勉強したり、実践で身につけたりするほうが一番の近道だと思います。

そのため、語学を学ぶ目的によっては、恋人と会話をすることが一番の語学力を上達させる方法だとは言えません。

3.相手が的確に言語を教えられるとは限らない

恋人がプロの語学教師で語学学習に協力的であれば、的確に教えてくれる可能性もありますが、必ずしもそうとは限りません。

恋人がプロの語学教師でない場合、『間違いを直すことはできるけど、正しい文法を教えることはできない』となることが多いです。

日本語で考えてみてください。

日本語
学習者
「家族と旅行に行く」「友達と旅行に行く」って両方言えるのに、
「家族で旅行に行く」は言えて「友達で旅行に行く」って言えないのはなんで?

 

と聞かれたとき、自信をもって正確に答えられる人は多くないかと思います。

 

つまり、母国語だからといって、恋人から確実に正しい文法を教えてもらえるとは限らないのです。

 

また、そもそも恋人が語学学習に協力的でない場合もあります。

私の友人は恋人に『僕は言語を教えることに興味ないよ。勉強するなら勝手にやって』と言われてました。

例え、学習に協力的な恋人であっても、いつも間違い直してくれるとは限らないです。

全部間違いを直していたらキリがないので、仮に文法が正しくなくても意味が伝わっていたら間違いをスルーされる。その結果、間違いに気づかずそのままということもあります。

 

きちんとした文法を学びたい場合は、恋人に教えてもらうよりも学校等でプロに教えてもらうほうが正しい言語を学べるでしょう。

語学を上達させるために必要なものとは?

主に2つのパターンに分かれるかと思います。

1.言語を学習するモチベーションがあること

語学力を上達させるには、長い時間その言語に触れ続ける必要があります。そのためには、長く学習をし続けるためのモチベーションが必要になります。

達成したい目標がある・好きで勉強をしている・過去の悔しい思いを繰り返したくない等、学習の目的は何であれ、モチベーションを持っていることが大切です。

学習をしていく中で、「なかなか思うように上達していない」と感じるつらい瞬間と出くわすことがありますが、モチベーションのある人がそこで挫折せずに学習を続けています。

 

2.言語を使う必要性に迫られること

元々言語を学習する意欲があったわけではないものの、仕方なく語学学習をしたら語学力が上がったという人もいます。

会社員
全く英語が話せなかったけど、仕事で必要になったから話せるようになった。

海外駐在妻
旦那の仕事の関係でアメリカに行った時、自分が英語をわからないと子供の世話ができなかったから勉強するしかなかった。

 

「数学好きじゃないけど、テストのために仕方なく勉強していた」「この資格を取りたいと思ったわけじゃないけど、仕事で必要だったから取得した」という方も多いんじゃないでしょうか。それと同じことです。

人間必要に迫られたときは、嫌でもやるしか無いのです。

恋人が外国人の場合の語学学習におけるメリット

語学力の上達の鍵は、結局は本人のモチベーションとその言語を使わなければいけない必要性に迫られた時だと述べました。付き合う恋人との状況によりますが、下記のメリットが想定されます。

1.学習を持続する手助けとなる

恋人のおかげで学習の苦痛が軽減され、モチベーションがあがるならば、学習は続けやすくなります。
具体例
・「恋人の母国語で話したい」など、恋人のおかげで語学学習の目標ができる
・勉強している努力を恋人に褒めてもらえるのが嬉しい

2.言語を使う機会が増える

恋人のおかげで言語を使わなければいけない環境に触れる機会が多くなることがあります。

具体例
・旅行、留学、ワーキングホリデー等で恋人の母国に訪問するハードルが下がる
・恋人の家族や友人と話す機会を設けられる
(恋人の国に移住するとなれば、メリットではなくデメリットと感じる方もいるかもしれませんが。)
私の彼は日本語を話せるので、彼との会話でフランス語を使用する必要は必ずしもないのですが、彼の家族や、学校の友人と話すときはフランス語が必須になります。

個人の実体験としても、フランス語でしか意思疎通できない環境が一部でもあると、言語を使用する場面が増えるので語学の上達を実感しています。

 

まとめ

1.どんな環境であれ、語学力を上げるには努力が必要

「外国語を上達させたければその国の人と付き合え」というフレーズがあれど、「恋人が外国人だったら、何も苦労せずに自然と外国語を話せるようになる」なんてことは幻想です。

自分の気持ちや考えを伝えるために語彙を学んだり、言い方を考えたりして頭を使います。

結婚して相手の母国で生活することになって苦労している人もたくさんいます。

語学を習得するためには絶対に努力が必要です。

2.語学学習の目的と手段を考えることが大切

語学習得の目的(到達したいレベルや分野)によって、各自一番適切な勉強方法は異なります。

外国人の恋人がいなくても語学力を上げている人はたくさんいますし、下記のようなやり方で言語を使う機会を自分から作り出すことはできます。

・語学学校に通う
・国際交流のイベントや語学学習アプリを通じて友達を作る
・留学やワーキングホリデーに行く
・語学を使う仕事やボランティアをする
外国人の恋人を作るよりも、「どんな目的で語学力を上達させたいのか、自分にピッタリな方法は何か」を考えて行動することのほうが、着実に語学力を上げてくれると思います。

フランス生活の様子を日々発信中